儲かる仕組みを作る3つの方法とは?共通する条件やおすすめのビジネスも紹介!

「儲かる仕組みを作って、不労所得生活を送りたい」と考えている人は多いでしょう。

しかし、「どうやって仕組みを作ればいいのかわからない」ということがほとんどかと思います。

この記事では、上記の疑問に答えて「儲かる仕組みの作り方」を解説していきます。

実際に儲かる仕組みが成立していて稼ぎやすいビジネスも紹介していくので、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること
  • 儲かる仕組みとは何か
  • 儲かる仕組みが必要な3つの理由
  • 儲かる仕組みの作り方3選
  • 儲かる仕組みの3つの条件
  • 儲かる仕組みを活用しているビジネス3選
  • 儲かる仕組みを作るときの注意点

最初に結論を言うと儲かる仕組みをつくるには資金が必要です。

そして、作り方を学ぶ上でも「実際に成立している仕組みで、自分が稼ぎながら学ぶ」のが一番いいでしょう。

そのような「稼げてしかも儲かる仕組みも学べる」というビジネスは、下のサイトでまとめています。

いずれもスマホ1台で稼げる簡単なビジネスなので、ぜひリンク先で詳細をチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

儲かる仕組みとは?

儲かる仕組みとは?

儲かる仕組みとは、主に完成されたマニュアルや体制です。

極端な話、マクドナルドは資本家にとって「儲かる仕組み」です。

また、セブンイレブンやローソンなどのフランチャイズもFC本部にとって儲かる仕組みといえます。

このように儲かる仕組みは大規模なビジネスから個人レベルのビジネスまで見られるものですが、その仕組みを生み出すのにも資金が要ります。

まずは、その資金を稼ぐために「稼ぎやすいビジネス」に取り組むのがいいでしょう。

誰でも簡単に稼げるビジネスは下のサイトでまとめて紹介しています。

いずれも当サイト「副業クラウド」一押しのビジネスで非常に稼ぎやすいので、ぜひチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

儲かる仕組みが必要な3つの理由

儲かる仕組みが必要な3つの理由

儲かる仕組みを作ることの必要性は主に3つあります。

それらの3つについて詳しく解説していきます。

自由な時間を確保できる

当然ながら、儲かる仕組みをつくることで自分の自由な時間を確保できます。

これにより、下のようなメリットが生まれます。

  • 経営を大局的に考えられる
  • 新しいアイディアが生まれる
  • プライベートの時間を大事にできる

いわゆる「楽したい」という人が考えるのは、最後のプライベートの部分でしょう。

しかし、より本気でビジネスをするという目的でも、最初の2つのようなメリットがあるわけです。

たとえばマイクロソフトのビル・ゲイツも、意識的に毎年2週間のバカンスをとっていたといいます。

2週間完全に外部の情報を遮断することで、感覚をリセットしていたのです。

このように、ビル・ゲイツが大局的な判断を誤らない工夫をしていたことで、マイクロソフトは長く成功し続けたわけですね。

このように、真面目にビジネスをする上でも「自由な時間を確保する」ことは大事なのです。

それが可能になるという点で、儲かる仕組みを作ることは重要といえます。

利益を最大化できる

儲かる仕組みができれば、利益を最大化できます。

  • 1つのプロジェクトあたりの利益は小さくなる
  • 理由は、雇用などでコストがかかるため
  • しかし、そのプロジェクトを増やせばいい
  • 利益率は下がるが、利益総額は増える

ということです。

極端な話、自分ですべてをやれば「利益率100%」というビジネスも多くあります。

たとえば小説家の利益率はほぼ100%です。

せいぜい電気代やパソコンのメンテナンス費用がかかる程度ですからね。

しかし、利益率がいくら高くても「自分しか動けない」のでは、利益の総額は増えていかないわけです。

その総額を増やすためには仕組み化して、その「パッケージ」を量産することが必要になります。

雇用を生み出せる

AmazonFBA
雇用を生み出すことには大きな価値があります。

これは、コロナで雇用を失われたという「逆の現象」を見ればわかるでしょう。

人は誰でも、仕事があるうちは仕事に文句をいうものです。

コロナで失職されてしまった方も、半分程度の方は日頃から「仕事なんて辞めたい」と言われていたでしょう。

しかし、いざ現実になって仕事がなくなってしまうと、本当に困るわけです。

逆に雇用という「誰かの仕事」を生み出せる人は、それだけで大きな社会貢献をしているといえます。

儲かる仕組みを創るには、どうしても雇用をする必要があります。

AmazonFBAのような「企業のサービス」と使うにしても、やはり雇用が生まれます。

自分で直接雇用するわけではありませんが、Amazonの内部で雇用が増えるためです。

儲かる仕組みを創るのは、自分が稼げるというだけでなく「人や社会全体にとっても良いこと」なのです。

特に今の日本は活力が低下してしまっているため、経済を中心にあらゆる分野で復活する必要があります。

儲かる仕組みを作って経済を回すことは、日本全体にとっても良いことと考えていただくのがいいでしょう。

儲かる仕組みの作り方3選

儲かる仕組みの作り方3選

儲かる仕組みの作り方は、大別して3通りになります。

それら3種類の儲かる仕組みの作り方を解説していきます。

内部の人に任せる(内製)

まずは基本である「内部の人に任せること=内製」です。

内製には下のようなメリットがあります。

  • 確かな技術指導をできる
  • 情報やノウハウが流出しにくい
  • 自社の仕事に愛着を持ってもらいやすい

ある意味、日本の会社員に振られる仕事のほとんどは「内製」です。

そう考えると上記のメリットが内製の強みという点を、理解しやすいでしょう。

外部の人に任せる(外注)

ランサーズ
この10年ほど大幅に増加しているのが、内製の反対の「外注」です。

外部の人に任せることですが、アウトソーシングという言葉で、多くの人がなじんでいるでしょう。

アウトソーシングの種類は、大別して2通りになります。

  • アウトソーシングの「会社」に任せる
  • アウトソーシングの「個人」に任せる

1つ目の「会社」については、大昔からありました。

極端な話トヨタ自動車は、デンソーやトヨタ車体などに自動車のパーツを外注しているわけです。

「トヨタはグループ内だから内製のようなもの」と思うかもしれません。

その場合、ユニクロが東レに繊維を外注しているというのが好例といえます。

これは完全にグループ外への発注であり、すべて自社でやる主義のユニクロでも、素材までは自社ではできないということです。

その他、大企業が派遣会社のサービスを利用するなど「会社を使うアウトソーシング」は、昔から多くありました。

しかし、この10年ほどで飛躍的に増加しているのは「個人に対するアウトソーシング」です。

クラウドソーシングやSNS、その他のマッチングサービスによって、企業が直接個人にコンタクトを取りやすくなったのです。

たとえばクラウドソーシングでは、以下のようなサービスが多くの人に人気となっています。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • シュフティ

こうしたサービスによって、個人へのアウトソーシングをしやすくなったのが現代の状況です。

ツールに任せる

FX自動売買
仕組み化はツールによってできることもあります。

代表的なのはFXの自動売買です。

それ以外は「Twitterのフォロワーを自動的に増やすツール」などもありますが、こうしたものはあまり意味がありません。

一般的に手に入るツールによる仕組み化は、本質的な意味がないことがほとんどです。

逆に、企業が活用するツールによる仕組み化は、有意義なものがあります。

たとえばAIによるチャット対応です。

簡単な対応ならAIでできることが多いため、これは多くの人の質問をすぐに受け付ける上で有意義といえます。

また、過去の判例を瞬時に出す弁護士の代わりのAIというものも、実用化が間近になっています。

このAIによって「1年目の弁護士は仕事を失う」と考えている法律事務所の経営者が3割以上になります。

これはアメリカのデータですが、アメリカの方が裁判が圧倒的に多く、法律事務所の経営も進んでいるため、日本でも同様にAIで代替できるといえるでしょう。

このように企業が本格的なAIを用いるケースでは、儲かる仕組みをツールで作れるというケースもあります。

個人の場合、そうしたツールはよく売られているものの「大抵は情報商材のような詐欺的なもの」と考えてください。

こうした詐欺的なツールに騙されることなく、安心して儲かる仕組みを創るためには、実際に上手く成立している儲かる仕組みに学ぶことが重要です。

そのような仕組みが完成されたビジネスは、下のサイトで紹介しています。

仕組みの勉強になるだけでなく、自分自身が稼ぐのに最適な仕事でもあるため、ぜひチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

儲かる仕組みの3つの条件

儲かる仕組みの3つの条件

儲かる仕組みの条件は、大別すると3つに分かれます。

ここでは、その3つの条件を解説していきます。

新規客を呼び込める

まず、絶えず新しいお客さんが入って来る仕組みが重要です。

これは当たり前のようで意外に難しいことです。

美容院だとホットペッパービューティーが代表的な仕組みの一つです。

しかし、掲載手数料などのコストがかかるという難点があります。

いかに低コストで新規顧客を呼び込むかが、儲かる仕組みでも重要となります。

既存客がリピートしてくれる

一度来たお客さんがリピートしてくれる仕組みも重要です。

代表的な仕組みはクーポンといえます。

他にもポイントやスタンプカードなども、リピートを促す仕組みです。

定番のサービスの大部分が「実はリピートを促すためにある」ということに気づくでしょう。

顧客がファンにまで昇華する

リピートを通り越して「ファン」になってくれる顧客を育てる仕組みがあると有利です。

たとえばクレジットカードならAMEXがそれにもっとも成功しています。

  • グリーンカード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

上のようにランクが上がっていく仕組みを創ることでどんどんAMEXを使って、プラチナやブラックのインビテーション(招待状)が届くようにしたいというモチベーションを高めるのです。

最近ではAMEXのプラチナカードがチタン製(金属製)になったことで、さらに重厚感が増しています。

そのチタンカードを目当てにAMEXのプラチナを目指す人も、増える可能性があるでしょう。

儲かる仕組みを活用しているビジネス3選

儲かる仕組みを活用しているビジネス3選

儲かる仕組みを実際に活用しているビジネスは多くあります。

それらの中でも特に稼ぎやすい3つのビジネスを紹介していきます。

ビット

ビット

ビットは、スマホ1台で稼げる仕組みを確立しているビジネスです。

1日5分などのスキマ時間から始めることができます。

最大で月収100万円以上も狙えるという稼ぎやすさが特徴で、多くの人に評判となっています。

画面をタップするだけの単純作業で稼げるという仕組みなので、公式サイトを見ていただくと発見が多くあるでしょう。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

Everyday

Everyday

Everydayは、即日稼げる人が9割以上という、即金性の高いビジネスです。

高確率で儲かる仕組みを確立しているため、完全返金保証というサービスも付けています。

Everydayのノウハウを実践して稼げなければ、Everydayがその人の動画を最大1本5万円で買い取るというサービスです。

こうしたサービスを付けられる点も含めて、なぜEverydayは稼げるのかということを、実際に利益を出しながら学ぶのがいいでしょう。

トレンドナビゲーション

トレンドナビゲーション

トレンドナビゲーションは、ノウハウを皆で共有し合いながら稼げるビジネスです。

このため、特に孤独に作業するのは精神的に合わないという人におすすめできます。

儲かる仕組みはトレンドマイスターのKenT(ケンティー)が確立したもので、ネットビジネスの世界でも最先端のスキルとなっています。

最大で月収100万円を達成することも可能という仕組みなので、ぜひ下の公式サイトで詳細を確認してみてください。

儲かる仕組みを作るときの注意点

儲かる仕組みを生み出すときには、注意すべき点が多数あります。

それらの注意点でも主だったものを2つ解説していきます。

仕組みを作るまでは自分で稼ぐよりも大変

そもそも、儲かる仕組みを作ることは楽ではありません。

不労所得を得られて利益も大きくなることが多いのですから、誰でも儲かる仕組みは作りたいものです。

それでも、仕組みを作れている人はほとんどいません。

あるいは、短期間だけ仕組みを維持できても、長期間維持できる人はほとんどいないというのが現実です。

これは、ありきたりな誰でも思いつくような仕組みであれば、真似するのは簡単という理由からです。

誰かがその仕組みに気づいて真似するようになれば、すぐ飽和してしまうということですね。

そのため、長く続く「儲かる仕組み」を生み出すことは決して楽ではないのです。

生み出すのも維持するのも、最初のうちは一人で稼ぐより大変ということを、理解しておきましょう。

ある程度の資金が必要

儲かる仕組みは、生み出すことにも維持することにも、資金が必要になります。

資金をかけないには大部分の仕事を自分でやるのが一番ですが、これでは仕組みにならないわけです。

仕組みが進めば進むほど必要な資金が多くなります。

このため、途中で資金繰りがショートしないよう、ある程度のお金を貯めてからスタートすることが重要です。

そして、その資金を稼ぐためには、やはり「短期間で稼げるビジネス」をするのがおすすめです。

そのように素早く稼げるビジネスは、下のサイトで紹介しています。

いすれも当サイト「副業クラウド」が自信を持っておすすめするビジネスなので、ぜひ下のリンク先で詳細をチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

【まとめ】儲かる仕組みの作り方は?

【まとめ】儲かる仕組みの作り方は?

儲かる仕組みの作り方をまとめると、内製・外注・ツール利用となります。

企業のサービスを利用することも含め、あらゆる手法を試すのがいいでしょう。

そして、儲かる仕組みを作るための資金集めと、仕組みの勉強を両立できる仕事をすることが、最初のうちは重要です。

そのような仕事として、当サイトがおすすめするのは、下のサイトに掲載されているビジネスです。

いずれもスマホ1台でスキマ時間に稼げるなどの簡単な内容なので、ぜひ詳細を確認してみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です